ウィキッド・ここがイチオシ!

夫:toshi「なんといっても1幕のラスト、"Difyning Gravity"でしょう。」
妻:masa「まあ、歌い上げる曲だし、当然過ぎて、あえて言わなくても、という気もするけれど」
夫:toshi「君はそうやってすぐマニアック路線に行こうとするなあ。いいものはいいの!
男としては『誰が決めたの限界なんて』という歌詞にぐっと来てしまうんだよね。」
妻:masa「いや、私もこのシーンは好きよ。これ以外のお気に入りもそれぞれ挙げてみましょ。」

こちらの動画はロンドン公演。ブロードウエイオリジナルキャストだったイリーナ・メンツェルのエルファバです。

夫toshiのお気に入り

1幕後半の"One Short Day"。実は、この曲のタイトルは「エメラルドシティ」なんだとずっと思っていました。
エルファバが、初めてエメラルドシティに来て、「この瞬間をずっと覚えていたいの」という気持ちが、自分が始めてシンガポールに赴任して、暑いオーチャードロードで、原色の街の景色を見たときの気持ちにダブります。

妻masaのお気に入り。

マダム・モリブルに「すばらしい魔法の才能がある、とオズの魔法使いに推薦する」と言われたエルファバが、「魔法使いに会えたら人生がすっかり変わる」と歌う"The Wizard and I"。
2幕で、エルファバは妹のネッサーローズに「魔法で何でもできるわけではない」というのですが、もし、本当に何でもできたら、やっぱり「普通の肌色」をのぞんだのかな、と切なくなります。

当サイトと免責事項について

<男と女のミュージカル「ウィキッド」見聞録>は個人で運営しているサイトです。
当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねます。ご容赦ください。

Copyright (C) 2007 男と女のミュージカル「ウィキッド」見聞録. All Rights Reserved.