ウィキッド・ストーリー

劇団四季ミュージカル「ウィキッド」のあらすじです。

「ウィキッド」第一幕

悪い魔女「ウィキッド」が死んで喜ぶオズの国の人々。
そこに現れた良い魔女グリンダに、「グリンダ様が悪い魔女と友達だったというのは本当ですか?」と問いかけるものがいました。
グリンダと悪い魔女とは、大学のルームメイトだったのです。

オズの国のシズ大学に、2人の少女が入学します。姉のエルファバは生まれつきの緑色の肌、妹のネッサローズは歩くことができずに車いすの生活です。2人はマンチキン国総領事の娘ですが、総領事はエルファバを嫌い、跡継ぎもネッサローズに決めています。
同じ時、美人で人気者の少女グリンダもシズ大学に入学します。ちょっとした行き違いからエルファバとグリンダはルームメイトになりますが、2人は徹底的に反発しあってしまいます。
エルファバに魔法の才能があると認めた学長のマダム・モリブルは、エルファバをオズの魔法使いに推薦する、と個人指導をします。今まで誰からも認められたことがないエルファバは、オズの魔法使いに会えれば人生が変る、と大喜びです。
エルファバは尊敬しているヤギのディラモンド教授から「動物の言葉が奪われている」と聞かされます。
ある日シズ大学に、ウィンキー国の王子、フィエロが転校してきます。
少し軽薄な感じがするフィエロですが、グリンダは一目惚れ。フィエロもかわいらしいグリンダに惹かれます。
フィエロがみんなを誘ったダンスパーティーに、グリンダにプレゼントされた黒い帽子をかぶっていったエルファバはみんなの笑い物に。
グリンダはエルファバの傷ついた心に気が付き、1人で踊っているエルファバに声をかけます。
「一緒に踊ってもいいかしら」
これをきっかけに2人はお互いの秘密を打ち明け合う仲良しになります。
しかし、ヤギのディラモンド教授は大学を追放されてしまい、動物を閉じこめ言葉を話させないようにする、という動きが明らかになっていきます。ライオンの子供を檻に閉じこめていることに怒ったエルファバは魔法でみんなを混乱させ、フィエロと一緒にライオンの子供を逃がします。軽薄な振りをしているフィエロの正義感や優しさに気が付いたエルファバですが、「フィエロが好きなのはグリンダ」と恋をあきらめようとします。
そして、エルファバにオズの魔法使いからの招待が来ます。
エメラルドシティ
エルファバは、「最近フィエロが自分を見てくれない」と落ちこんでいるグリンダを連れてオズの都エメラルドシティに向かうのでした。
しかし、オズの魔法使いには魔力はなく、エルファバの力を利用しようとしていることを知って、エルファバは魔法の書「グレムリー」を持ち去ります。
マダム・モリブルは「エルファバはオズの国をおびやかす邪悪な魔女ウィキッド」と宣伝。
エルファバは自由を求めて飛び立つことを、グリンダはオズの国に残ることを決め、2人は別々の道を行くことになります・・・

「ウィキッド」第二幕

「良い魔女グリンダ」となったグリンダは、勝手にフィエロとの婚約を発表してしまいます。エルファバを探すために魔女追撃の護衛隊長となっていたフィエロは驚きますが、それでグリンダが幸せになるなら・・・と考えます。
エルファバは妹のネッサローズの靴に魔法をかけて歩けるようにするのですが、ネッサローズはグリンダのところに向かおうとしたボックを引き留めようとして、魔法でボックの心臓を止めてしまいます。エルファバは魔法でボックを・・・
エルファバは、オズの魔法使いに「もう一度やりなおそう」と誘われるのですが、言葉を奪われたディラモンド教授を見てしまいます。フィエロはエルファバを助け、彼女と一緒に行くことを決心します。 森の中で愛を確かめ合う2人。しかし、エルファバをおびき出すためにマダム・モリブルが起した竜巻で、家の下敷きになったネッサローズは死んでしまいます。
竜巻で飛ばされてきた少女ドロシーがネッサローズの靴を履いて去った後、エルファバは捕まりそうになりますが、フィエロがエルファバを逃がし、代わりに捕まってしまいます。
魔法でなんとかしてフィエロの命を救おうとするエルファバ。
そして、追っ手がエルファバに迫る中、グリンダがエルファバのところにやってきます。
「自分が悪い魔女と呼ばれてもいい。みんなに本当のことを話す」というグリンダに、エルファバは「あなたはみんなに愛されたままでいてほしい」と告げます。
for good
そして、2人が決意したことは・・・
最後のシーンは、是非劇場で!!

当サイトと免責事項について

<男と女のミュージカル「ウィキッド」見聞録>は個人で運営しているサイトです。
当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねます。ご容赦ください。

Copyright (C) 2007 男と女のミュージカル「ウィキッド」見聞録. All Rights Reserved.